2013年10月22日

「回転饅頭」ですよね(^J^)

PA0_0318.JPG
甘いもんが欲しくなってチャリで街まで走りました。

国分に1軒だけある回転焼屋さん。他所は今川焼とか大判焼といいますが・・。


何故か鹿児島は回転焼・・ 
昔は饅頭をぐるぐる回しながら焼いていたのでしょうか?

そんなこと言いながら調べてみました。
そうでした!丸い銅版の中に具材を流し込みぐるぐる回していたからだそうです。

松おじは白あんが好き・・(^<^) 
白と黒の割合は、この時本社にいたメンバーではほぼ半々でした。
posted by 松オジ at 19:58| Comment(0) | きりしま弁

2013年09月01日

「スクッポ」はスコップ、「さくじらま」は桜島のこと(^J^)

PA0_0231.JPG
写真中央の水平ピースをしているのが、松下建設の創業者松下良行(故人)です。

昭和30年台、三輪車で農産物や建設資材を運搬していました。
その後、建設業の許可をとり現在の松下建設の土台をつくりました。

父と母二人三脚で頑張る姿を、
私はその三輪車を運転する父のひざの上で見てきました。

自分の両親としての姿、創業者としての姿勢を瞼に浮かべると
感謝かんしゃの気持ちでいっぱいです。


さて、新しく設けたカテゴリで「きりしま弁」は、旧霧島町を中心
とした山間部の方言を思い出すままにブログにして参ります。

第1回目は、建設現場で使う一番打者と言ってもいいスコップ・・

昔はスコップを何故か「スクッポ」と呼んでいました。

きりしま弁じゃないんでしょうが、祖父から代々続く建設業・・
その現場に、松おじ小さい頃から聞いていた方言?なんです。

おそらく、桜島のことを「さくじらま」とか「さくまじら」とか・・

全て人力で過酷な建設現場でしたから、冗談いいながら楽しく
気を紛らわしながらやっていましたから・・

言葉あそびから発想されたものだと思います(^^ゞ
posted by 松オジ at 08:33| Comment(0) | きりしま弁
「松オジ」と改名してくれた
「宇宙少年団」の子供たちとの活動や
「松オジそば」で参加するイベントの話など
面白可笑しく描きます